2017年12月15日金曜日

メモ2017.12.15 『性のペルソナ(上)』メモ

P013 セクシュアリティとエロティシズムは、自然と文化が複雑に混じり合う交差点である。いわゆるフェミニストたちは性の問題を度しがたく単純化し、社会的慣習の問題に還元してしまい、社会を変革し、男女不平等をなくし、性の役割分担を見直しさえすれば幸福と調和がおとずれると考えている。

P014 その点でフェミニズムは、過去二百年間のあらゆるリベラリズム運動と同じく、ルソーの末裔である。ルソーの『社会契約論』(1762)は「人間は自由なものとして生まれるが、いたるところで鎖につながれている」という一文で始まる。

ルソーは、堕落した社会に対するアンチテーゼとして、恵み深い自然というロマン主義的な自然観を唱え、19世紀の進歩主義的文化の生みの親となった。ルソーの後継者たちは、社会を変革すれば地上に楽園が出現すると信じていた。二度の世界大戦という大破局によって、その希望の泡ははじけた。しかしルソー主義は1960年代に復活し、その中から現代のフェミニズムが生まれたのである。

ルソーは、原罪、すなわち人間は生まれながらに穢れており、放っておけば悪へ向かう、というキリスト教の悲観的人間観を斥ける。人間は生まれながらにして善であるというルソーの信念、これはロックの思想に由来するが、そこからやがて社会還元主義、すなわち環境が人間を作るという発想が生まれ、それが現代アメリカの福祉事業、刑法典、行動療法などの中心的倫理観となっている。この考えに従えば、攻撃性や暴力や犯罪は、貧困とか劣悪な家庭環境といった社会的剥奪に起因する。

それでフェミニストたちは強姦をポルノグラフィのせいにし、独善的な循環論法によって、最近のサディズムの蔓延はサディズムそのものに対する反動なのだと説明する。しかしながら強姦やサディズムはいつの時代にも存在し、どんな文化もある時代にはそれらを経験しているのである。

本書はサドの立場に立つ。サドは西洋文学の大作家の中でいちばん読まれることが少ない。サドの作品は、ルソー主義者たちの最初の実験であるフランス革命が失敗に終わり、政治的楽園どころか恐怖政治という地獄を生み出してしまった直後の十年間に書かれた。彼の作品はルソーに対する全面的批判であり風刺である。サドはロックよりむしろホッブスに従う。攻撃性は人間の本性に由来するものである。のちにニーチェはこれを権力への意志と呼ぶことになる。

「自然に帰れ」というロマン主義者のスローガンは現代においてもなお、セックスカウンセリングからシリアル食品のコマーシャルに至るまで、私たちの文化の隅々まで浸透しているが、サドにとって自然に帰るとは、暴力と肉欲を抑えている歯止めを取り払うことにほかならない。私も同意見だ。社会が悪いのではない。社会は犯罪を抑止する力なのだ。社会の統率力が弱まれば、人間が生まれつきもっている凶暴さが噴出する。強姦犯は社会の悪しき影響によって作りだされるのではなく、社会による規制の失敗から生まれるのである。

P015 リベラリストは政府を横暴な父親と見なしているくせに、政府が愛情深い母親のように振舞うことを期待しているのである。

関連
・「階段のエスプリ」ジャン・ジャック・ルソー 「フランスには、なぜ恋愛スキャンダルがないのか?」より https://ghoti-ethansblog.blogspot.jp/2017/05/blog-post_11.html#JeanJacquesRousseau
・アメリカ政治の6大潮流 http://ghoti-sousama.blogspot.jp/2012/12/blog-post.html

2017年12月9日土曜日

メモ2017.12.09 山岸凉子「牧神の午後」

ニジンスキーの苦悩と悲劇を描写
P36-68 画像クリックでオリジナル画像表示

「牧神の午後」振付着手

P96-104 結末

関連
カロリーナ・コストナー2018イタリアナショナルFS

カロリーナ・コストナー2017GPF

カロリーナ・コストナー2017NHK

アダム・リッポン2013SA

カロリーナ・コストナー2011WC

佐藤有香2000 World Pro

ジャネットリン1983

ジャネットリン1970

ジョンカリー

マラーホフ&セミオノワ

ヌレエフ


・モダン・ダンスとロマンチック・バレエとクラシック・バレエ(url)

2017年12月5日火曜日

メモ2017.12.05 リンゼー・グラム(orグラハム)上院議員の名前を含む記事

(2017.12.15)軍事行動なら「北と全面的戦争」…タカ派米議員 >http://www.yomiuri.co.jp/world/20171215-OYT1T50108.html

(2017.12.15)北朝鮮が核実験に踏み切れば「軍事攻撃の可能性は70%」 金正恩政権との全面戦争へ 米共和党重鎮 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171215-00000531-san-n_ame

(2017.12.11)

(2017.12.04)米国防総省、在韓米軍の家族を退避させるべき=共和党議員 https://jp.reuters.com/article/northkorea-missiles-usa-graham-idJPKBN1DX0WB
[ワシントン 3日 ロイター] - 米上院軍事委員会のメンバーである共和党のリンゼー・グラム上院議員は3日、米国防総省に対し、配偶者や子供など在韓米軍の扶養家族を退避させるよう求めた。CBSの報道番組「フェイス・ザ・ネイション」で述べた。
(2017.12.04)「軍事衝突は近い。国防総省は在韓米軍の家族を退避させるべき」米上院軍事委員|ニューズウィーク日本版
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/12/post-9035.php?t=0

(2017.11.01)米民主党、北朝鮮への先制攻撃阻止する法案提出 共和党支持せず https://jp.reuters.com/article/usa-democrat-north-korea-idJPKBN1D13DN
[ワシントン 31日 ロイター] - 米野党・民主党の上院議員らは31日、トランプ大統領が議会の承認なしに北朝鮮を先制攻撃することを阻止する法案を提示した。トランプ氏のアジア歴訪を前に、北朝鮮問題の重要性を強調する格好となった。
(2017.08.19)トランプの止まない「口撃」、弾劾審議で孤立無援招く可能性|ニューズウィーク日本版
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/08/post-8253.php?t=0
トランプ氏は17日朝にツイッターで、リンゼー・グラム上院議員の言動を「売名」呼ばわりし、ジェフ・フレーク上院議員についても「有害だ」と攻撃した。2人とも司法委員会のメンバーだ。
(2017.08.18)【北ミサイル】トランプ氏「北朝鮮のICBM続けば戦争になる」、米共和重鎮議員が明かす 国務長官は「火消し」図る(1/2ページ) - 産経ニュース http://www.sankei.com/world/news/170802/wor1708020010-n1.html
グラム氏はトランプ氏と面会した際、「北朝鮮(の核・ミサイル開発)を阻止するために戦争が起きるとすれば、現地(朝鮮半島)で起きる。何千人死んだとしても向こうで死ぬわけで、こちら(米国)で死者は出ない、と言っていた」と明かした。

(2017.08.10)トランプは日韓で多数が死ぬと知りつつ北朝鮮に「予防攻撃」を考える | 田岡俊次の戦略目からウロコ | ダイヤモンド・オンライン http://diamond.jp/articles/-/138120
米国上院、共和党の有力議員であるリンゼー・グラム氏は8月1日、NBCテレビの「トゥデイ・ショー」で、トランプ大統領と会談した際、大統領が「北朝鮮がICBM(大陸間弾道ミサイル)開発を続ければ武力行使は避けられない。戦争は現地で起きる。大勢が死ぬとしても向こうで死ぬ。こちらで死ぬわけではない」と語ったことを明らかにした。

グラム議員は昨年の大統領選挙で共和党候補の1人と目されていたが、トランプ支持者が急増し、党内の予備選挙で勝てないと見て、右派のテッド・クルーズ上院議員を支持したタカ派だ。最近は「北朝鮮のICBM開発を阻止するため、大統領に予防攻撃の権限を与える法案を出す」と言明しており、NBCテレビでの発言は大統領もそれに同意していることを示すものだった。

(2017.08.02)米上院議員、対北朝鮮「戦争辞さずとトランプ氏」  :日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXLASGM02H02_S7A800C1EAF000/
グラム氏によると、トランプ氏は「戦争が起きるなら向こうでやる。大勢が死ぬが、米国ではなく向こう側で死ぬ」と話したという。グラム氏は、北朝鮮がICBM開発を続けるなら「軍事力行使は避けられないだろう」と述べた。
(2015.06.01)2016年大統領選に向け、共和と民主党から続々出馬表明続く!パタキ、グラム、オマリー氏。 | ワシントンDCライフスタイル
http://www.dclifestyles.com/20150601-presidential_election/
グラム上院議員は、大学生の頃に両親を亡くし、勉学に励みながら家族の世話を続けた苦労人で、その後空軍、州議会、下院議員、上院議員と地道にキャリアを重ねて来ました。軍での経験が比較的長かった事もあり外交・安全保障政策に強く、党内きってのタカ派としても知られており、激派組織「イスラム国」との戦いでは1万人規模のアメリカ軍の地上部隊を派遣すべきだと主張しオバマ大統領の政策を弱腰だとも批判しています。ただグラム氏の現時点での支持率は1%以下と厳しい状況です。

2017年12月4日月曜日

メモ2017.12.04 『日本1852』-ペリー遠征計画の基礎資料- チャールズ・マックファーレン著 渡辺惣樹訳

更新2017.12.09 【第11章 言語、文学、科学、音楽、絵画】追加 参照

※訳者まえがきより、

『日本1852』は、アメリカ世紀のプロジェクトとも言える日本開国計画に強い関心を寄せるアメリカ国民に向けて書かれた。(中略)ペリーは日本開国交渉の本質が、米国に莫大な富をもたらす支那市場への太平洋蒸気船航路(太平洋シーレーン)を安全なものにすることであることは十分に理解していた。

ペリー提督の娘キャロラインは美貌で知られ、ニューヨークの富豪オーガスト・ベルモントに嫁していた。ベルモントイギリス・ロスチャイルド家のエージェントであった。ロスチャイルド家にはベルモントの他にもう一人のエージェントがいた。それが法律家アーロン・パーマーだった。このパーマーこそが「日本開国計画」を立案し、時の政権に建言した人物だった。(中略)

ペリー提督は計画の狙いやその重要性は理解していたものの、交渉相手となる日本についての知識は乏しかった。そんな彼にとって東回りの長旅は幸運だった。何冊もの日本を理解するための書を読みこんだ。その中の一つが本書『日本1852』だった。

P173 ケンペル(wiki)はこうした日本の言葉や民族の特徴などから、耳を傾けるべき貴重で信憑性のありそうな推論を述べている。

日本人という民族は起源をメソポタミア周辺に持ち、そこからゆっくりとカスピ海沿岸に移動した。エニセイ川(モンゴルから北極海に注ぐロシア連邦にある川)やセレンガ川(モンゴルからバイカル湖に注ぐ)などが形成した渓谷を

P174 抜けアーグイーン湖(Lake of Argueen:現在どの湖を指しているか不明)のあたりまでやって来るのだが、厳しい寒さでこの地に定住できなかった。そこから流れ出る同名の川の渓谷に沿って移動するとアムール川(Amur river 原文ではAmoor riverと表記。中ロ国境を流れ、オホーツク海に注ぐ)となる。この川は東北東に流れている。

この渓谷に沿って移動するとアジア大陸の沿岸部に到達する。東の海に注ぐアムール川をあとにして、さらに朝鮮半島に移動する。当時この半島には人が住んでいなかっただろう。ここまで来ると日本まではそう遠くない。また危険でもない。日本列島へはほとんど一定の間隔で並ぶ島を伝っていけばよい。夏に移動すれば危険度はより低下する。ちょっとした漁をするような小舟を操れば海峡を渡れただろう。

ここまでの移動の間に大きな湖や川を渡ってきただろうし、しばらく過ごしただろう期間には魚を捕って暮らした時期もあったろうから、操船の技術は持っていただろう。朝鮮半島で暮らした時期もあっただろうから、その間に漁師として航海のノウハウを身につけてたと考えられる。

この大移動は一年とか五十年、あるいは百年といった短い期間で達成されたのではない。移動の途中で暮らしやすいところに留まって生活し、周囲の遊牧の民に圧迫されるようになると新たな牧草地を求めて移動した。新鮮な水と牧草があればそこに落ち着いた。

こんな生活を続ける民族をアジアでは今でも見ることができる。近いとこ

P175 ろではトルコにそれを見ることができる。この地方の遊牧民は暮らしを営んでいる地方のパシャ(Pashalik。部族の長であるパシャ(Pasha)の支配する地域)に圧迫され始めると他のパシャが支配する地域に移動する。そこで圧迫が始まれば同じことを繰り返す。誰の支配もところまで移動は続く。

このようなケンペルの推論は、日本語が他の言語から独立していて混合がないことからきている。移動の過程で一か所に長期定住したり、周辺にいた部族と交わることはなかったに違いない。長期の定住があれば、そうした土地の言葉が日本語の中に相当取り込まれたはずなのだ。

日本島に辿り着くと、西部の海岸からさらに南に移動した。土地は肥え、温暖で健康にすこぶるよい気候。ここでは安全で落ち着いた、そして快適な住環境があった。今では日本人は、先祖はもともとこの国いたのだと主張する。そういうわけで、日本では祖先の聖地を巡る旅が盛んで、祖先を崇拝する行為も豊富にある。

日本人が実際にどう移動してきたか、あるいはそれはいつごろだったのかは、はっきりしないものの、遠い昔にアメリカ大陸に日本人がやって来たことは、ほぼ間違いないだろう。

チャールズピッカリング(アメリカの自然学者、医師。1805-78年)は次のように述べている。

P176 「ポリネシア族は、南アメリカとは広大な海で分離している。この海は波が荒く、南アメリカの方向には常に逆風が吹き、海流も同様に逆に流れているので、西から大陸へ接近することは難しい。カヌーを使ってアメリカに向かうとなると、どうしてもカリフォルニアの北端を目指すことになる。この辺りが民族移動の競争が始まったところだ。メキシコでは、サンフランシスコはマニラ-メキシコを結ぶ航海ルート上にあると昔から言われてきた。

日本からアメリカ大陸に接近するにはカリフォルニアは有利な場所である。現在は日本の鎖国政策のため、日本からの船は海難事故による漂流によってしかこの沿岸に現れることはない。それでも近年、北の海で捕鯨船に救われたケースや、サンドウィッチ諸島(ハワイ諸島)で遭難したケース、漂流してコロンビア川河口の沿岸に漂着したケースなどがある」

参考資料 東アジアのY染色体ハプログループ移動図 (異なる年代の移動を同一の図に表している点に注意)(出典



第11章 言語、文学、科学、音楽、絵画2017.12.09追記 ※画像クリックでオリジナル画像を表示


2017年12月2日土曜日

メモ2017.12.02 「アメリカはなぜヒトラーヲ必要としたのか」←タイトルよくない、誤解を招く

P033-34 1932年11月6日に行われた国会総選挙で、ナチスは恐慌以来続けてきた快進撃に土をつけ、初の敗北を喫した。ナチスはなお第一党を維持できたものの34議席を失い、代わりに共産党が躍進して11議席増やした。特に首都ベルリンの選挙では共産党がナチスをはるかに上回り第一党になった。

危機感をつのらせたケプラークライスは、広く財界の重鎮たちに呼びかけて、ヒトラーを首相に任命するよう大統領に請願する署名運動を展開した。ケプラーやシュレーダーは計42名の有力な財界人に署名を求めたが、応じたのはその半数にも満たない20名に過ぎず、この試みは失敗に終わった。

P035 ヒンデンブルク大統領の、「ヒトラーを首相に任命する」との決断に、何が決定的な影響を与えたのかは定かではない。しかし、フリッツ・テュッセンやクルト・フォン・シュレーダー男爵、そして彼の背後に控えていたドイツ重工業界の首脳が、共産主義の脅威からドイツを救うためにヒトラー政権の誕生を望み、そのためにさまざまな画策を行っていたのは確かである。こうして1933年1月30日、ついにヒトラー内閣が誕生した。  

2017年12月1日金曜日

メモ2017.12.01 【エッジ判定変遷】テクニカルパネルハンドブックまとめ【画像】2009/10-2017/18

画像クリックでオリジナル画像が表示されます。

2009/10-2012/13           2013/14-2017/18              

テクニカルパネルハンドブック(シングル)日本語
※コピーはdropboxサイトで表示されます(pdfの場合dropboxサイトでしか表示できない仕様のようです)。
2009-2010(pdf、コピー
2010-2011(pdf、コピー
2011-2012(pdf、コピー
2012-2013(pdf、コピー
2013-2014(pdf、コピー
2014-2015(pdf、コピー
2015-2016(pdf、コピー
2016-2017(pdf、コピー
2017-2018(pdf、コピー

メモ2017.12.01

2006-2010大予測。フィギュアスケートDays Vol.1(2006/11/20発売) より、
※画像クリックでオリジナル画像を見ることができます。